読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDうっかりママのポンコツ平常運転。

ADHD不注意型 うっかりさんの日常について

フライパン落下事件簿。

うっかりママのblackyです。

料理は好きなんですが、ADHDの不注意のため失敗は耐えません。

電子レンジで温めたものを忘れたり、味付けを忘れたり…。

さらに間けつ性斜視で物が二重に見え(複視)、物の距離感がうまくつかめず、料理中の事故が多いです。

 

先日は体調がいまいちで、料理は簡単にしたくてレトルトのミートソースを使うことにしました。そのままでもいいですが、野菜とコンビーフを加えアレンジしてボロネーゼ風のパスタにしようと決めました。

 

野菜を炒め、コンビーフを加え、ほぐしながら炒めました。同時に、お湯を沸かし、パスタを茹でました。

ここで、炒めた野菜にレトルトミートソース投入しました。ミートソースを木ベラで混ぜようとしたところ、フライパンが床に落ちてしまいました。多分よく見えなかったんだと思います。

 

ドン!

私「あ゛ー!!!」

赤いソースが飛び散り、人参やたまねぎ、野菜が撒き散らされ、惨状に。

夫「な、何?」

息子と一緒に見にきました。

私「フライパン落としたー!」

夫「見るとイライラするから見ない。」といって、リビングに戻ってしまいました。

 

しっかりものの夫には、フライパン落とすなんてありえないことです。普段、掃除をまめにやりキレイ好きなので、赤い惨状を見たら怒鳴ってしまいそうだったようです。

夫の'見ない、そして関わらない'その選択はベストチョイスです。けれど、ここから私は一人でこれを乗り切らなければならないことを意味しています。

 

「あぁやっちまった!」と思ったと同時に、これまでも何度も失敗はしているので、「なんとかなる」という何の証拠もない安心感はあります。幸い、フライパンはひっくりかえらずそのまま落ちたので、フライパンには大半のソースが残っています。野菜だけ飛び散り少なくなったようです。

 

パスタの残り茹で時間約6分間。私ひとりの戦いが始まりました。

 

フライパンをコンロにとりあえず戻す。パスタをかき混ぜる。コンロ前に野菜が飛び散って作業がしにくいので、野菜とソースをキッチンペーパーでとる。またパスタかき混ぜる。

 

ある程度片付いたところで、少なくなったソースをどうするか考える。

「冷凍庫に切っておいたエリンギがある!」

私は野菜キノコなどを切って冷凍しています。

ソースにエリンギとピザソース少し入れ、加熱しました。

パスタ鍋かき混ぜ、床をふき、ソースかき混ぜ…これらの作業を繰り返しているうちに、キッチンタイマーが鳴りました。

 

ソースもいい感じです。

茹で上がったパスタをソースに入れ、混ぜれば完成です。なんとか出来上がり、皿に盛るとほっとした気持ちと疲労感が沸いてきます。

「私は楽チンをしたかったのになぁ、うっかりのせいで全然だよ!」と心の中で自分にツッコミました。

夫と息子はいつものようにペロリと食べてくれました。


f:id:blacky96star:20170528055322j:image

 

夕食後、戦いはまだ続いています。

パスタの茹で汁は捨てないで置きました。茹で汁は油を吸着してくれるので、いつもお皿をゆで汁につけています。今回は床と壁がソースでべたべたするので、ぼろ布に茹で汁をつけて、ふき掃除をしました。乾拭きもして、なんとかきれいにしました。

 

新婚の頃ならきっとどうにもならなかっただろうなぁ…失敗した後も対処できるスキルがついたなぁ…。

でも何年経っても失敗がひどいなぁ…うっかり直らないのかな?

発達障害と中学受験の件。

先日、知人と会い、発達障害あるあるな会話をしました。

知人は、軽い自閉症スペクトラム症で、大卒。就職後今は自営をしています。

私は、ADHD不注意型(診断はまだですが)で、大卒。就職し現在休職しています。

 

知人も私も、社会人になってから「もしかして自分はおかしい?」と感じ病院等に通いました。

なぜ、社会人になるまで気がつかなかったのかというと、一番の理由はおとなしかったからです。

 

学校の先生は、授業中に騒いだり歩き回ったり授業を抜け出す生徒には厳しいですが、問題行動を起こさない生徒にはそこまで注目しません。おとなしく座っていれば、学生の間は最低限許されます。

社会人になると、自分でやることが増え失敗したり迷惑をかけ、上司、同僚、客など色んな方に注意されます。呆れられたり、嫌われたり。社会人には義務や責任を伴うから叱られるのは当然です。けれど、「他の人は簡単にできることが自分はできない」とわかると、自分が本当にできないやつだめなやつに思えて、精神的におかしくなります。

大人になり社会的生活が困難になり、病院等にかかり発達障害だと気がつきました。

 

おとなしい生徒であったこと以外にもう一つ大きな理由があります。それは、私立中高一貫校の進学校だったことです(それぞれ違う学校です)。 

 

中高一貫校、特に進学校では、高校2年ぐらいまでに高校3年までの内容の大半を詰め込むことが多いです。高校3年生は大学受験対策中心です。

中学と高校で内容が重なる場合は先取りして教えることもあります。例えば、化学について、中学では原子の数は約20種類覚えれば高校受験では通用するはずですが、私立は大学受験のことを見据えて30以上教えられることがあります。

講師の裁量が大きいです。

また、生徒が偏差値の高い大学、人気大学に合格すればいいので、講師の勤務について公立校より自由度が高く、個性的な講師が多いです。

 

生徒も個性的な人が多いです。

私が通った学校では、帰国子女やハーフも多い学校で文化や習慣が人それぞれでした。確かに、流行に疎い私は女子の会話についていけないことも多かったですが、みんなそれぞれ自分の好きなことをしているので、積極的にいじめられることはありません(積極的にいじめをすれば即退学になるのも予想できるので)。

 

個性的な講師、個性的な生徒に囲まれて、思春期を過ごしたので、「自分が変わっている」なんて気がつかないんですよね。発達障害でも、馴染める環境だったと思います。

 

公立高校の入試状況を聞くと、まず内申点を全体的に上げることが大切だそうです。より偏差値の高い学校では受験する科目は全てができなければならない。苦手が、偏りが許されにくいです。

発達障害の場合、運動が好きでも苦手なことがあります。空間認知能力が低いため球技が苦手な人もいます。私も運動が苦手です。球技は苦手で、脊椎側わん症の影響でマット運   動も苦手。体育の成績はかなり悪かったです。

小学校では絵の描き方でも先生に注意されたことがあります。太陽を赤い丸で描かず、黄色い線で表現したから。今思えば、発達障害により他人と認知感覚が違うため表現が異なったのだと思います。先生は常識や一般を教えてくれたんだと思いますが、先生に注意されたことで私は自分の感覚が否定されたように感じ、一時的にかなり凹んでしまいました(母がフォローしてくれたので、絵は嫌いではありません)。

 

苦手だったり成績が悪い科目が多いと、内申点が下がります。発達障害の場合、成績に極端に偏りが出やすいことがあります。

もし私が公立中学校に通っていたら、内申点が低く希望通りの進路を歩めない可能性が高かったです。

大学受験はしましたが、大学受験は色々受験方法があるし、内申点が重要視されないことも多いので、大学に合格できました。

 

知人とも話しましたが、「中学受験して結果的によかったね。」と意見が一致しました。それと、どちらも自由な校風なのがよかったと思います(世の中には校則が多く厳しい学校もありますので)。

 

苦手を克服しようと努力しても、発達障害の場合は限界があります。むしろ得意なことを伸ばすほうが、より魅力的な人物になれると思います。

 

中学高校の6年間は、思春期で多感な時期です。そういうときに、自分の個性を伸ばせられる環境にいられたことはとてもよかったと思います。  

 

警笛と聴覚過敏。

先日、子連れで宮城県に旅行に行きました。

息子は鉄道大好きなので、鉄道旅です。

東北本線に乗りました。始めて乗車する路線なので、息子は興奮してました。

「運転士さんを見たい」というので、先頭車両に乗りました。

 

f:id:blacky96star:20170525222900j:image

息子は窓ガラスにべったりくっつき、電車を楽しんでました。私も楽しかったんですが、一つ問題がありました。

 

今回初めて知りましたが、この電車は警笛をよく鳴らすんです。私、急な大きな音が苦手(聴覚過敏)で、警笛鳴る度にビクッと体が震えます。

そのうち、トンネル、駅が近づくと鳴らすんだと気がついて、少しだけ落ち着きました。

 

聴覚過敏のため、人混みや雑然としたところに行くと不安になったり緊張することがあります。緊張しているときに、しっかりやらなきゃと焦るとよく失敗します。だから、都心に外出すると楽しいけれど、無理をしていることもあります。

 

今回の旅行は、しっかりもので優しい義母が一緒なので、たとえ私が警笛でパニックになっても、義母がちゃんと乗り換えを案内してくれます。だから、大丈夫でした。

 

それに義母は、私がうっかりなのを理解してるから、改札機抜けたら私の切符を義母が預かり、降りるときに切符を私に渡します。

世間的には情けない嫁ですかね…?でも、私がうっかりしているときのほうが、義母は楽しそうです。夫の母ですが、なんだか実の母のようにも思えてしまうぐらい仲良しです。

 

あさいちのおかげ。

うっかりママのblackyです。

 

今朝は実母から

「ねぇねぇ、あなたの障害、なんだっけ?昨日さ、NHKのあさいちでやってたわよ。」

と言われました。

 

NHKのあさいちという番組で今月から定期的に発達障害を特集するそうですね。

5/24には「シリーズ発達障害 自分の“苦手”とどうつきあう?」というタイトルで番組が放送されたそうです。

https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/170524/1.html

 

番組で発達障害で困っていることを紹介していたそうで、母が番組内容を話してくれました。

「まぶしいのね!スタジオの照明も落として、背景も白からベージュにしてた!」

「偏食にもなるのね!」

 

私に教えなくても、私は知ってるというよりむしろ当事者だから実感してるから…そんなに大きな声で教えなくてもいいのにな…と困惑しました。

けれど、母が、テレビ番組によってADHDについて知り理解しようとしてくれ、私に歩み寄ってくれたことは嬉しいです。

 

発達障害者当事者が、自ら、周囲に自分の状況、感覚、困ってることを伝えることは大切です。

けれど、こうしてメディアを通じたほうが一般的に理解されやすいですね。

 

今まで私が伝えても母にいまいち通じてなかったけれど、テレビ番組一回見ただけで母が理解するなんて驚きました。

あさいちのおかげですね。

聴覚認知が弱い私と学校の授業。

現在の学校の授業形式の多くは、集団授業、一斉授業です。先生は教壇で話し、黒板に書きます。生徒は話を聞き、板書をノートに書き写します。

 

私は、小学生低学年の頃から授業についていけないことがありました。聴覚認知が弱いために、先生が何を言ってるのか理解できていなかったんだろうと思います。先生の説明や指示がうまく聞き取れず、理解できず、ぼーっとしてしまうことも多かったです。

 

あるとき、国語のテストで聞き取りのテストがありました。テープから流れる、電話でのやりとりを聞きメモをとり、後でテープから聞こえる問題について解答する、という内容です。日本語によるリスニングの試験ですね。私はそのテストをほぼ白紙で出した記憶があります。途中で飽きてしまったからだったかな…?

 

塾にも通いましたが、母が私に付き合い根気よく勉強を教えてフォローしてくれたので、成績を持ち直しました。

算数に関して、四則演算、分数が苦手でした。実際に食べ物を切ったりおはじき使ったり、色々やって説明されたのも覚えています。

私は視覚認知が強いので、実際、視覚的にイメージして納得すれば記憶できます。納得が大切で、納得するまでは覚えられません。こだわりが強いのは発達障害のせいでしょうか…。

 

中学生になり、最初は劣等生でした。最初の試験で、英語と数学は赤点で追試になりました。

数学については、ゼロ、零とマイナスの概念がイメージできず、先生の説明が理解できませんでした。なぜ、マイナスとマイナスをかけるとプラスになるんだろう…とか考え込んでしまいました。

英語については、英単語が覚えられなくて困りました。例えば、eightのgは読まないのになぜ必要なんだろう?と考えてしまいます。

 

考え事しているうちに授業は進むし、集中できないし、納得できないから覚えられないまま。結果、成績が悪くなります。

 

劣等生だった私ですが、それでも成績を持ち直し一般入試で大学合格しています。

 

成績が上がった理由は、つまらないと感じた先生の話を聞かないことにしたからです。

先生の話を聞いても疲れるだけなら聞かない(話が面白い先生は聞いていました)。その分、教科書や参考書を読むことにしました。先生に依存しない、自分でやると意識をもてたのも良かったと思います。

 

今時は良い参考書が世の中に沢山あります。予備校の人気講師がまとめた参考書のほうが、理解しやすいことも多いです。教科書は試験範囲の指定のためだと割りきり、参考書を中心に勉強しても大丈夫です。

 

さらに、インターネットにも情報があふれていますし、学習用アプリもあるし高校までの内容なら学校の授業、学校の先生にこだわらなくてもいいです。

 

大切なのは諦めないこと。

小学生のころに母に教わり成績が良くなった経験があるので、一度だめでも、やればできるだろうと勝手な自信が私にはありました。だから、「試験の点数が悪くてもダメではない。きっと勉強する手段が自分に合ってないだけ」と信じられたから、自分で勉強しようと意欲的になれました。

 

子供が発達障害学習障害で悩む人も多いと思います。

「その子が成績悪い=できない、だめな子」と思わず、学習する方法を変えれば勉強できることもあります(もちろん苦手なことはそのままのこともありますが)。

諦めず、その子の可能性を信じてあげられたらいいですね。

 

発達障害と息子と騒音。

保育園に息子は通っています。幼稚園で言えば、息子は年中さんの学年です。

 

今年から年中と年長の教室の仕切りがなくなり、カリキュラムも合同でやることが多くなりました。

年中さんにとって、年長さんのお兄さんお姉さんの姿を見て真似することは、良い学習の機会だと思います。

 

ただね、合同教室は騒がしいんですよ。年中さん年長さんが合同になれば、以前の倍程度の人数が一つの教室にいることになります(教室は広いですが)。人数が増えれば、話し声も増えるし賑やかです。

お迎えに行くと、教室では、園児各々が違う遊びをして、あちらではおままごと、こちらではパズル、むこうでは喧嘩して先生が注意している…そんな状況を目にします。

 

保育園にとって、先生にとってごく当たり前の光景です。でも私には、苦痛な状況です。 

ADHDの私は聴覚認知が弱いほうですが、周囲の音をみんな拾ってしまい大切な音を聞き取れないことがあります。音に関して過敏なところが多少あります。また子供たちがそれぞれ行動していると情報量が多くて、集中力が欠けてしまいます。

 

お迎えの際には、

子供を見つける

連絡事項と配布物を確認する

今日の出来事が書かれた連絡ノートを読みサインする

子供のリュックを持つ

子供に靴下をはかせる

先生に挨拶して退室

 

結構細々とやることあります。この騒音の中だと忘れてしまいそうで、あまりにうるさいと片耳を手でふさぎながら作業します。

連絡ノートをしっかり読みたいのに、息子やその他の子供が話しかけるから、余計気が散ります。子供全般好きですし、話しかけられたら答えたいんですが、難しい。うるさくてしんどい。

 

やや発達障害の傾向がある息子にとっても、合同クラスは負担があるようで、年長に合わせて活動量が増え、帰宅後疲れたのか愚図ることが増えました。人数が増えれば喧嘩やトラブルも増えるでしょうし。

 

先日の朝、息子が「○くんと□くんがおしてけんかしてたら、ぼくわからないから、もーしらないっていった」と話し始めました。

私が「お友だちが何をしているのかよくわからないの?」と尋ねると「うん」と返事。

「何話しているのか、わからない?」と尋ねると「うん」と返事。

「先生に、『よくわからなくて困ってる』と説明してもいい?」と確認すると「いいよ」と息子は言いました。

 

息子は、クラスの人数が増え、状況を読み取ること音を聞き取ることに難しさを感じているようです。

それでも、保育園は楽しいようで、「かぜひいてやすみたくない!」とよく言っています。パパが高熱出して寝込んだら近づかないし、自主的に別室で寝る徹底ぶり。 

息子自身、疲れたり困っていることは自覚していますが、お友だちと遊びたい、一緒に過ごしたい気持ちはとても強いようです。けんかはあってもいじめはないようで、私もいい環境だと思っています。

 

けれど、今年は、遠足に行かないことにしました。息子が楽しみにしている鉄道イベントと日程が重なり、息子が「遠足行かない、イベント行く」と主張したので。今年は息子の希望に従いますが、「年長さんは行こうね。最後だから。」と約束しました。

本人の自主性に任せつつ子供の成長を見守りたいですね。

ADHDで休憩をうっかり忘れそうな件。

うっかりママのblackyです。

休職中のため家にいることが多いです。日中は時間があるので整理整頓しようと思って、今日は衣服の片付けをしています。

 

ADHDで注意力散漫であっちを触ったりこっちを触ったり…あまり進みません。他人より非効率なやり方でやっているのでしょうが、時間はあるので、非効率な点は開き直ってせっせと片付けをします。

 

ところで、何かに集中すると、休憩を忘れます。眠いときは、コーヒー飲んだりお手洗いに行ったり、リフレッシュできるように行動しますが、何かに集中するとそれだけ専念してしまい時間が経っています。 

 

ADHDって周りのことに気が散る割りに、自分のことに注意が向かないことがあるようですね。だから、自分が休むことさえ忘れてしまうこともあります。

 

午前中、コーヒーは飲みましたが、水をとっていませんでした。あぶない、危ない。虚弱体質なため水分と栄養をまめにしっかり摂ってないと倒れます。面倒な体…。


f:id:blacky96star:20170522123315j:image

 

働いているときは、時間になるとチャイムが鳴っていたので、強制的に昼休みになり休みましたが、今は休職しているため、誰にも指示されないかわりに自分で休憩の時間を作らないといけません。

休憩しているときは水飲んだりスマホいじってごろごろしてます。休憩の時間が長いけど、ま、仕事じゃないからいいよね?

さて、片付け終わるのかなー(^^;