ADHDうっかりママのポンコツ平常運転。

ADHD不注意型 うっかりママblackyの日常について

ADHDとカフェイン。

うっかりママのblackyです。カフェインの摂取の話をします。

だらしない

ADHDって、注意力散漫で自分のタスクを忘れてしまいますね。

一度ごろんと寝転がってスマホなんかいじつったら、やらなきゃいけないことも何もせず、いつのまにか1日終わってます。

予定を先送りにしがちだから、周囲にはだらしない、約束守れないと思われてしまう…。

 

休職前から睡眠障害はあり、働いているときは日々眠気と闘っていました。眠いと、本当に集中できず、タスク管理に必死でした。

 

眠気覚ましにカフェイン

眠気覚ましには、カフェイン。ADHDの場合、カフェインを好むことが多いそうですが、集中したい、眠気冷ましたいなど、色々な問題を解消したくて、カフェインを摂取したがるようですね。

私は、コーヒー党です。仕事中はコーヒー飲んでます。

 

新卒で配置された窓口業務のときは、割りと喋るし動いていたから眠気が問題にはそこまでならなかったので、コーヒーは飲まなかったです。

ところが、今の部署に異動してパソコンとにらめっこして黙々と作業するようになったら日中ずっと眠くて、カフェラテを好んで飲んでいました。

異動後2年ぐらいして歯医者に検診にいったら虫歯を数本見つかり、「甘いものをずっとちょこちょこ飲んでいるのはよくない!砂糖やめなさい!」と叱られて、カフェラテを止めました。

 

カフェラテ止めると、刺激不足で仕事に身が入りませんでした。コンビニでブラックコーヒーを買ってみてもなんか違う…合わない…と悩んでいました。コンビニのコーヒーは甘いものと合わせるようにできているのか、ブラックコーヒー単体で飲むには私の口には合いませんでした。

 

美味しい珈琲

そんなときに、コーヒー豆屋さんと仲良くなりました。豆屋さんの店主は、コーヒーの淹れ方も何も知らない私に教えてくれました。今はその店主とお喋りして自分好みの豆をオーダーし、コーヒーいれています。でかけるときも、水筒にコーヒーいれて持っていくことが多いです。

自分の好みに会うコーヒーだから、ブラックでいけるし、美味しいからゆっくり飲みます。だから1日2杯程度で満足できます。

 

f:id:blacky96star:20170522093228j:image

 

刺激を追い求めて依存症へ

ADHDの場合、刺激を求め、アルコール、ギャンブルなど依存症にはまりやすいです。

カフェインも中毒になりやすいですね。カフェインが多量に入っているエナジードリンクをガバガバ飲んでしまえば体壊します。さらに依存症であることに気がついて自分を責めて精神も不安定になります。中毒、依存症になって生活がおかしくなる前に、止めることが大切です。

 

エナジードリンク依存になりつつあった知人は先日、炭酸に緑茶粉末を入れたドリンクを作り持ち歩くようになりました。知人は、そのドリンクにはまり、エナジードリンクを止められるようになったそうです。緑茶にも確かにカフェインは入ってますが、それでもエナジードリンクよりはずっといいです。カテキンも体にいいし。

 

ADHDはいつも刺激を求めています。強い刺激を求め続ければ、そのうち依存症になり問題行動をします。体と心をおかしくする前に自分に合う適度な刺激を見つけ、生活を向上したいです。

 

あ、洗濯干すの忘れてた。干してこよーっと。