ADHDうっかりママのポンコツ平常運転。

ADHD不注意型 うっかりママblackyの日常について

発達障害と息子と騒音。

保育園に息子は通っています。幼稚園で言えば、息子は年中さんの学年です。

 

今年から年中と年長の教室の仕切りがなくなり、カリキュラムも合同でやることが多くなりました。

年中さんにとって、年長さんのお兄さんお姉さんの姿を見て真似することは、良い学習の機会だと思います。

 

ただね、合同教室は騒がしいんですよ。年中さん年長さんが合同になれば、以前の倍程度の人数が一つの教室にいることになります(教室は広いですが)。人数が増えれば、話し声も増えるし賑やかです。

お迎えに行くと、教室では、園児各々が違う遊びをして、あちらではおままごと、こちらではパズル、むこうでは喧嘩して先生が注意している…そんな状況を目にします。

 

保育園にとって、先生にとってごく当たり前の光景です。でも私には、苦痛な状況です。 

ADHDの私は聴覚認知が弱いほうですが、周囲の音をみんな拾ってしまい大切な音を聞き取れないことがあります。音に関して過敏なところが多少あります。また子供たちがそれぞれ行動していると情報量が多くて、集中力が欠けてしまいます。

 

お迎えの際には、

子供を見つける

連絡事項と配布物を確認する

今日の出来事が書かれた連絡ノートを読みサインする

子供のリュックを持つ

子供に靴下をはかせる

先生に挨拶して退室

 

結構細々とやることあります。この騒音の中だと忘れてしまいそうで、あまりにうるさいと片耳を手でふさぎながら作業します。

連絡ノートをしっかり読みたいのに、息子やその他の子供が話しかけるから、余計気が散ります。子供全般好きですし、話しかけられたら答えたいんですが、難しい。うるさくてしんどい。

 

やや発達障害の傾向がある息子にとっても、合同クラスは負担があるようで、年長に合わせて活動量が増え、帰宅後疲れたのか愚図ることが増えました。人数が増えれば喧嘩やトラブルも増えるでしょうし。

 

先日の朝、息子が「○くんと□くんがおしてけんかしてたら、ぼくわからないから、もーしらないっていった」と話し始めました。

私が「お友だちが何をしているのかよくわからないの?」と尋ねると「うん」と返事。

「何話しているのか、わからない?」と尋ねると「うん」と返事。

「先生に、『よくわからなくて困ってる』と説明してもいい?」と確認すると「いいよ」と息子は言いました。

 

息子は、クラスの人数が増え、状況を読み取ること音を聞き取ることに難しさを感じているようです。

それでも、保育園は楽しいようで、「かぜひいてやすみたくない!」とよく言っています。パパが高熱出して寝込んだら近づかないし、自主的に別室で寝る徹底ぶり。 

息子自身、疲れたり困っていることは自覚していますが、お友だちと遊びたい、一緒に過ごしたい気持ちはとても強いようです。けんかはあってもいじめはないようで、私もいい環境だと思っています。

 

けれど、今年は、遠足に行かないことにしました。息子が楽しみにしている鉄道イベントと日程が重なり、息子が「遠足行かない、イベント行く」と主張したので。今年は息子の希望に従いますが、「年長さんは行こうね。最後だから。」と約束しました。

本人の自主性に任せつつ子供の成長を見守りたいですね。