ADHDうっかりママのポンコツ平常運転。

ADHD不注意型 うっかりママblackyの日常について

子鉄息子とママのおでかけ。

うっかりママのblackyです。

昨日は子鉄息子と私の二人で電車とバスでおでかけしました。

 

自宅を出てバスに乗り駅に行こうとしたら、息子が予定していたバスではないと大泣きしました。

うちの最寄りのバス停はバスの本数が多く複数の系統のバスが走るため、私が予定していたバスと息子が勝手に考えていたバスでは違ったようです。

しばらく泣いて暴れていましたが、「暴れるならバスは乗れないから帰ります。どうする?」と聞いたら、しばらくして落ち着きママ案でよいとなったので、予定通りバスに乗車しました。

息子は乗り物にこだわりがあるので、でかける度に「どの経路で行くか」息子と論争になります。

 

バスから電車に乗り換えて移動。駅の階段を利用していたら「そういえば、うちの息子は階段って右足、左足を交互に出さないなぁ…」と思い出しました。協調運動苦手だと、階段の昇り降りが下手なようです。

 

「今日は交互に足を出してみよう。」と声かけて、トライしてみました。


f:id:blacky96star:20170709220137j:image

 

息子も大人のように階段を颯爽と歩きたかったようで意欲的にやってました。うまく足を出せずに大げさに足を上げるし(ももあげみたい)、昇り降りのときに「みぎ、ひだり、みぎ…」と声に出したり…不器用ながらも頑張っている姿が可愛いなぁと思いました。

 

息子は階段を降りることがこわいようです。

息子は遠視が強度だと数ヵ月前に判明し視力矯正しています。遠視が強く、また時々斜視になるため、距離感が分かりづらく段差が怖かったようです。特に、下りがこわいんですよね。眼鏡かけたら普通程度に見えるようになったので、階段の昇り降りにチャレンジできるようになったのかもしれません。

手すりと私の手を掴まりながら階段の昇り降りをしていますが、前より少しだけ恐怖感はなくなったかなと思います。

 

IKEAに行きました。家具と雑貨がたくさん売られているお店です。

広い店内を歩いていると、うっかり息子の存在を忘れてしまいます。息子を忘れるなんてひどいママなのは理解しているけれど、商品や案内板を見ていて視界から息子が消えるとつい忘れてしまいます。

息子は、私と少し離れる度に「ママ!」と言います。数分おきに言ってました。あまり頻繁に言っていたら飽きたのか「ミャミャ!」と言い方変えて遊んでいました。

 

IKEAの売り場には天井までたくさんの荷物が積み上げられたコーナーがあります。


f:id:blacky96star:20170709220145j:image

 

息子はこれを見て「こわい」と言っていました。うちの息子は大きいものが怖いそうです。「大丈夫だよ」と声かけし、二人で写真を撮り合って遊んでいました。

 

息子は、こだわりが強いほうで予定の変更があると泣いて怒ります。ささいなことでも恐怖を感じます。自分より幼い子に怒鳴られて、こわくて泣いてしまうことがあります。特に慣れない場所では恐怖感や不安感を感じやすいようです。 

恐怖感、不安感は、実際体験して何も問題なかったと納得するまで続きます。怖いな、不安だなと思いながらも実際やってみて、大丈夫だったと感じると、少しずつ恐怖感や不安感は薄れていくものです。

私は、「楽しいよ、大丈夫だよ」と伝え、少し息子の背中を押す。

息子が電車が好きなおかげで、私も鉄道・プラレールのことを知り好きになりました。電車やバスにスムーズに乗れるようになりました。

息子が私に教えてくれたように、私は、私が感じる楽しいことを伝えればいいのかなと思っています。