ADHDうっかりママのポンコツ平常運転。

ADHD不注意型 うっかりママblackyの日常について

ガラクタばかりの実家。実家の片付けは親との攻防。

どーも うっかりママのblackyです。

 

今度、弟夫婦の結婚式に招かれました。今回、私「着物を着たい!」と思って母に相談しました。 

母は着物をいくつか持っています。私にいくつか着物を譲ってくれることになりました。

 

早速、母と一緒に着物をタンスから取り出そうとしたら、着物が出せません。

着物が入っている桐だんすはクローゼットの奥の奥に置かれていました。たんすの前には服がいっぱいあって邪魔で出せません。

 

私の母は、片付けられない女…。

私がADHDだから、母もそうなんでしょうね。当然、片付けは苦手。それに母は買い物が好きだから、モノがいっぱい…。

 

私が「着物を取り出すついでに、片付けしよう。着ない服は捨てるか売ろう。」と提案すると、母は「こんなの売れないでしょー?!」 「まだ終活するつもりはないわよ!」と怒ります。

 

以前もですが、「一緒に片付けようか」と話すと母は拒否しました。「片付けよう」と言うと、『だらしない』と指摘されているように感じるのか、母は怒るんですよね。

 

今回は「家が汚い」と口に出さずに「着ないまましまっておくより、整理して少しでも現金にしよう」「ごみが少しでもお金になるほうがいいでしょ!」とお金になること強調して、母に片付けを納得してもらいました。

 

一緒に不要品を整理していると、母は「これは売れないでしょ?」と度々、私に質問しました。 

母は、古着や中古品はあまり利用しない人で、買取りしてもらえるのは高級品だけと思っていたようです。思い込みですね。

 

f:id:blacky96star:20170905143115j:image

 

不要品はこんなにたくさんありました。書籍は200冊以上、服30点以上、ゲームソフト、食器、指輪などがありました。まとめて大手リサイクルショップに持っていきました。

 

結果として合計1万5千円。

一番高価だったのは、指輪でした。金でできていたそうです。

本は安かったですね。本はオークションで売るほうが高く売れるみたいですね。

これらを購入した金額に比べれば、安値で買い取られてしまいますが、不要品がまとめて処分できたのは楽ですね。

 

リサイクルショップに行ってみて、母は、金メッキのアクセサリーも売れることに驚いたり、不要品を売って得たお金で趣味の本を安く購入できて、リサイクルショップを楽しんでいました。

 

帰り道、母は「家にまだ売れるものがないかな♪」と言い始めました。お金が手に入るとわかるとやる気になったみたいです。意欲がある今のうちに片付けてもらいたい。ADHDは飽きやすいしね…

 

私も自分のおうちを片付けようっと。